115は札幌?

大阪堺の義姉77歳往生。
宮沢賢治の命日。
妻と娘当日駆けつけるも
7月に家猫と為った「ちいちゃん」世話のため留守番。
夕刻、ネットで送ろうとも考えたが、旧習、115にかける

冷静聡明な女性子声。
私の名前は難しくないのだが、電話では、なかなか一発で理解できない部類。
それが、一回で!
初めての経験。


電文40字。付加価値5000円。上限はなんと一万二千円!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

QP先生
2013年09月26日 02:45
眠れないまま真夜中にインターネットを見ていたら、宮沢賢治の命日という文章に出会い、コメントすることにしました。宮沢賢治に憧れ宮沢賢治のように行きたいと願いながら、宮沢賢治よりはるかに長く生きてきました。あの天才のようには生きられませんでしたが、自分なりの生き方はしてきたかなという自負はあります。自分だけの幸せだけではなく、世の中みんなの人が幸せになるという宮沢賢治の夢をようやく共感できるようになりました。

この記事へのトラックバック