県立図書館25年カ野沢清介

画像
三階びっくり。朝日新聞ストライク。脚湯?自宅内。晩飯時、自転車。私はA B C.Mab葉書ニヒョク。八海山大吟醸。蕗と薇むね肉。やま偽町、406号線。山形村、蕎麦とアニメーション。

画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

QP先生
2019年07月29日 17:30
五木寛之氏の『大河の一滴』を読んでとても感銘を受け、たくさんのことを学びました。宇宙的な広がりの中の自分、悠久の時間の中の今という時間。あらゆるものの絆の中に今自分が存在しているという自覚は、とても生きていることをはげまされます。この本が円で『他力』や『自力と他力』などの文庫本を読みました。他力に惹かれていく自分を感じます。

この記事へのトラックバック