テーマ:花粉症

中日に二尊

犯誦さん般舟サンゲ まず団子、ははり数少なし 早めの習慣、家族葬 30分繰り上げ。あの国鉄の、シベリア5年 20人、一旦帰宅。 バイクで、今度は本草 ー零相、0葬儀 佐久に。大阪なら50年前 夫人が。 最期のタクシー、小地谷の父親。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲上殿。コピーに悩むも。

180円ン0レターパック2個 句王は 昭和9年の室戸台風 宮沢賢治。美知子さま、25年 祝詞様12年、恵ちゃん6年喜源治様昭和13年 江口様62年サジキ君7年 9時29分地震あり 明後日は「関矢様」 行徳。今日準。墨念 90歳6月21日??? 花粉よもぎが凄すぎて 堀之内博子先生。感謝。 チョコレBB レバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市立が休憩で県立に

市民検診で駄目に。また迎えの住人 山岡壮八返還、三島と川端 新潟の県民??? 織田をやめて お茶も 北竜王、残念、しかも温泉も、金星も見えず ヤマダ電機と東急ライフ 逓信に 貞信尼 貞心尼 妙好人 季寄せ、季語、季題。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曽波牟岐。久呂無木。「倭名類聚鈔」

蕎麦という漢字には「麦」が含まれている。ムギがコメ、アワ、ヒエとともにイネ科に属するのに対してタデ科に属し五穀に入れない。ふつう五穀とはコメ、ムギ、アワ、マメ、キビ。またはヒエ。これはそばの中国に入った年代が、五穀の概念のできた時期より遅いことによる。 植物 としての蕎麦は冷涼な気候を好み、東アジア、シベリアバイカル湖沿岸から中国東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県知事2通、いよいよ永田へ

週刊長野表紙の、須坂の「長谷川綾」さん 日本を作るのは、カイロ大学の小池でも、成蹊大学の?あの男でもない。 民主、私たちだ。学ぼうチャップリン。夏目漱石。 赤旗4枚 東条英機に手紙尾。内閣広報室、 本当の栗林中将、山本五十六五十六。 ポツダム宣言を知らない、捏造家、に送った。 朝日新聞 テレビ朝日 代議士と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶり、肺炎3年、別居、

滔々、いれば、 マウスピース6000円 デリシア にらとレバー ブロッコリー44胸肉 焼き鳥 来月からどうなる この暑さは。 相撲を見る 風呂に入る アルコールはノンある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者(坂東玉三郎)肺炎球菌ワクチン

ニンゲンドグの後 眼底、眼圧は異常なし 視野に、問題あり 大腸 検便に、 歯と口腔 血色素量 LDLコレステロール ヘマトクリク 血小板数35.1 総ビリルビン HbA1c(NGSP) 【中古】 北里柴三郎 日本細菌学の父 / 斎藤 晴輝 / 講談社 [新書]【ネコポス発送】もったいない本舗 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実感と事実、初の10霧

拾うなよ、保中高、タクシーは浦野神社発 あきー0906G362BB2 「最後火、済其の美」 春秋佐史伝BC320 世よその美を斉し、その名を落とさず 数珠送り、数珠回し 花粉症に蓄膿症 藤原正彦 てい 新田次郎 敗戦、帰還、人々 7月30日で82歳 17歳上、65歳 今日は。風呂往けず 午後3時 喜一郎に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休館日、赤備支配区長、4巻と6巻

三輪支所、かなり変更、まず、人間ドックの補助券。 つずいて、松代憩いの湯使用権、緊急連絡先。 石川も若穂も温泉は、予想外。 平安堂にアエラが創価学会に ブックオフに「赤星」全巻あり。 360円と460円さらに260円。 朝はパンと茹で卵 昼は出雲そばに高川さんのいも、ブロッコリー 夜は雨、ワインに、小麦粉、煎餅 い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

腸が脳を支配していた藤田紘一郎

ダイエットに失敗もたばこも、勉強も、ちょうを鍛えたら。 帰省中、寄生虫博士。三五感1200円 脳にばかり注目、見落としてしまうこと。 1脳にはせいてきもらるがない 2、脳とは意志薄弱、偏見。自惚れや 3、腸内細菌が「幸せ物質」を脳に運んでいる 4、大食い、癒される脳。毀される腸 5、脳は糖を、兆は摂りすぎを嫌がる 6、整…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

振り回されて

初の、雷同、来堂 まず、やまだ、自宅で一時間 やまともは、領収書なし 自宅で半日、その間、昼寝と洗濯 愛パッドとは ガラaho sumaho asukitaku ミドリ 西中さんテレ きのうから、本堂の艪る 昔の「野宿」 山頭火 井月 指導
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

n受け野沢菜漬けから「菜の花御浸しに」

ここ連日の西友 ワイン1280、金門パック1410納豆85出雲の蕎麦3223 今日は、ピノ378牛乳155卵145キムチ285ビヒダス131 春キャベツ157ゴマドレ498トマト熊本197納豆85パリジャン129 出雲の3品630 3013 昼は味覚?信毎11:30 長野の詩人は俳人はむずかしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗に「苦離」あり?

斉藤ふみ 窪田ウツボ 島木赤彦 太田水穂 ちはやぶるかみよもきかずたつたがわ からくれないにみずくくるとは @碓氷超え信濃に入れば常知らぬ空気のありて我押し包む @花曇りいささか風のあるひなり昼野火もゆる高遠の山 @信濃路はいつ春にならん夕ずく日いりてしまらく黄なる空の色 総本店は石渡 プレザーブ クーヘン生地にサン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四月尽、否、三月尽?

さくら情報、標高400の当地は? 1964年生まれ「丸田祥三」 棄景 1977年 東京原風景、否幻風景 四大の不調 1932年京大滝川事件「刑法読本」 文部大臣鳩山一郎、総長小西重直。 貴族院菊池武夫。衆議院宮沢裕。 オピニオン3月7日 きりきり国、北山崎、田野畑村。 燕のいる風景(新潮文庫)新潮社柴田 翔ユ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

駅前鈍器、ドンキホーテ200円引き

おやき2個。菊若芽2、サラミ、カキピー。グラノーラ598.メンチカツ、お稲荷。2252. 花粉が酷い あと9件。 夕刻。 石黒。 鯉の洗い。 後日。 洗濯はいいが、布団☆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナsu

やはり不凍栓 あの年輩が弄る、信州人・・・ 今日も月因は無理別院 昨夜のジャズ 明後日の本番 葺きを取る 蕗 花粉とインフル・・・・ 冬のセーターと夏の下着 5:00歩行者とタクシー 棚J加算 田中さん・・・ 部長も・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ketappu,ケチャップ、リコピン

お墨付きは駄目、カゴメ。デルモンテ188. 人参熊本157 MO3種 日清138バゲット175納豆辛子なし54 サバの水煮缶98ベーコン277 1985 味覚は延期 愈々花粉 あかすり延期
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はる、悲願

バイクで充実 洗濯と掃除 本堂も打ち敷き 永代経 そのまえに、 髪切る 昼はどうする 11人家族。私が7人引き受ける夢 昨日のNHK「むねきゅん」良寛想う
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八海山西沢、現代書籍

幌馬車、西中、渡辺、出水さま。バウンド、実態調査、良かったね♪ 山西黒 黒御影石 ブラック 本磨き 300角 300×300×13 内装 外装 壁用スタイルストーン楽天市場店光沢のある天然御影石です。 材質 御影石 本磨き仕上げ 寸法 300×300×13mm 販売単位 1楽天市場 by ガーデンパン石の水鉢・水板石の水板・山西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜の雷一発で大雨

鬼無里戸隠は避難勧告 歯科医、ダムでせき止め「泥水なし 歩いても「頭痛」 西友でキャベツとアイス。あとは定番 麦茶と自転車の空気 13の午後は、着替えの用意 15日も バイクが使えない??
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑連続蝉の活躍

太田さん。暗さwさん。 やまの「仕出し凄い」 酒井さん2本すい臓う 新潟の西瓜 まるやまくんm「コウジ君餃子とカツドン 昨日の今日 アンテナ隠す??? 明日が2軒。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

62から63、あすは山頭火、ピアフの日

今日は何の日9項目 ①銭湯の日 ②めのあいごでー ③釣りの日 ④マグロの日 5缶詰の日 ⑥冷凍めん ⑦トレーナー ⑧TOTO ⑨JUJU ソロソロ足湯 図書館は「近藤芳美」 バッテングもあり 囲碁と俳句 今年の「お十夜」 30日は米寿祝の「山折哲夫」
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

改新排風へ 革新俳風へ 心ある人は集いくる ふくべの酒温めつつ 門人とかたろうは旅の構想 蒼白な頬の わずかにほころびゆく 幾度我が道を疑ったことか 幾度わが身のふがいなさを嘆いたことか しかしここにあえて艱難を求め 諦観と反骨に身を任せた 堅固なる意思が微笑んでいた 死を賭した 次の旅の夢を追うかのように
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あつさもどる

猪俣和夫62歳。グラール・ハインゾール「自爆する若者」オリバー・ペチュ「首切りの人の娘」 河合幸雄93歳 水原泰男94歳 ③ 父は僇句の武士にして 帰る田畑もなし 大金稼ぐ才もなし さて俳諧では飯は食えぬ 冬の月は 江戸の街に冴え返って余りあった 清貧に甘んじる若者ではない 参禅しても坊主になれぬ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倒錯、盗作、鳳文学4,47年4月16日

池袋いや大塚の居酒屋「くるま」で「吉江弘幸」という詩人と出会った 芭蕉翁 1、 あかね雲静かに流れ 谷あいに蜻蛉の波 光る。 落陽ー秋深し 帰雁は迷わずひたすらに月のかなたへと飛びゆく。 もはや戻れぬ旅にあって 翁一人 旧懐にプロバンスを想っていた。 造詣あった亡き藩主ー蝉吟 情愛の里の人々のことども。 そして伊賀…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

因果応報

ゴシンと後光 五辛 五葷 松ソロ仮契約は駄目 できるだけ早く 4×3 1300えん 送迎あり ギックリm¥何とか 空知のじゃがいも 戸隠のナス 洋ナシ ボタンこしょう もち吉
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more